オルニチンサイクルとは?アルギニン・シトルリンの役割

MENU

シトルリン、アルギニン、オルニチンはオルニチンサイクルや一酸化窒素サイクル」に影響します

アルギニン

シトルリンとアルギニン、オルニチンはアミノ酸ですが、それぞれに異なる効果が期待できます。

  • 二日酔いにはオルニチン
  • 男性の活力を向上させるためにはアルギニン
  • めぐりを良くするにはシトルリン

など、一般的に知られている効果がありますが、この3つのアミノ酸は、体内で同じサイクルをたどるもので、それぞれの違いを理解することで目的にあった成分を正しく摂取することができます。
これら3つのアミノ酸の違いを理解するためには「オルニチンサイクル」と一「酸化窒素サイクル」を理解する必要があります。

オルニチンサイクルとは

オルニチンサイクルはオルニチン、シトルリン、アルギニンの3つが変化しあいいえるサイクルのことです。
尿素回路としても知られているサイクルで、オルニチン、シトルリン、アルギニンのどのアミノ酸を摂取してサイクルは活性化されます。
オルニチンサイクルが活性化すると肝臓でのアンモニア解毒ができ、疲労物質の排出が行なわれます。
このサイクルにより疲労回復二日酔いの防止効果が期待できるのです。

一酸化窒素サイクルとは

「一酸化窒素サイクル」はシトルリンがアルギニンに変化する際に一酸化窒素を生成するためにこのように呼ばれています。
一酸化窒素は血管の筋肉を柔らかくして広げる働きがあり、血流をスムーズにします。
これにより新陳代謝の向上精力増強の効果が期待できるのです。

どの成分を摂取すればいいの?

3つのアミノ酸は同じサイクルで変化し続けますが、それぞれの目的により摂取する成分は異なります。
肝臓の活性化やアンモニア解毒での疲労回復は、どのアミノ酸を摂取しても効果に大きな差はありません。
「一酸化窒素サイクル」でのシトルリンとオルニチンの効果は、シトルリンの状態で摂取するとアルギニンに変化した際に一酸化窒素が血流をサポートし、精力増強だけではなく脳梗塞や心筋梗塞も軽減することが期待できます。
また疲労回復や精力や体力アップ、ダイエットまで効果が期待できるのはシトルリンなのです。
3つのアミノ酸にはそれぞれに効果の違いがありますが、それぞれを一緒に取り入れるにはサプリメントで摂取することが簡単で効率的です。

 

アルギニン シトルリン

>>アルギニンサプリとシトルリンサプリの詳細情報はコチラから確認できます。<<

【シトルリンとアルギニンの違い】の関連記事

アルギニン

最近では日本の男性が、精力減退や勃起不全などの性機能の問題に悩んでいることが多くなっています。毎年のように勃起不全の患者は増加していますが、中でも若い男性の勃起不全患者が増えてきています。このような問題を抱えることで、恋人や妻などのパートナ...

アルギニン

シトルリンアルギニン亜鉛を3つ合わせると、精力増強効果が強く出ます。まず、ひとつひとつの成分の特徴を見ていきましょう。シトルリンシトルリンは、スイカの中から発見されたアミノ酸です。タンパク質を構成しないことから、遊離アミノ酸の一種になってい...

アルギニン

シトルリンとアルギニン、オルニチンはアミノ酸ですが、それぞれに異なる効果が期待できます。二日酔いにはオルニチン男性の活力を向上させるためにはアルギニンめぐりを良くするにはシトルリンなど、一般的に知られている効果がありますが、この3つのアミノ...

アルギニン

アルギニンは、肉類や魚介類、大豆食品、乳製品等に多く含まれていますが、魚介類のたんぱく質には特に豊富に含まれています。その代表的な効果が、血管内の一酸化窒素の生成能力の促進です。この働きが一酸化窒素による血管の弛緩作用・動脈拡張を助け、血流...

アルギニン

通常、筋肉を増強するためにはステロイドの注射が即効性がありますが、一般の方はステロイドの注射をするわけにはいきません。一般の人が筋トレで効果的に筋肉をつけたいのなら、成長ホルモンを促進させるサプリメントが有効です。筋肉の増強が目的ならば、最...

シトルリン

このストレス社会において、男性は年をかさねると勃起不全であるEDに悩まされる人たちがたいへん多くなっています。それは体力面でも、またストレスによる心理的な面からもパワーを失ってしまうからです。そのような時にはアルギニンサプリを摂取するとたい...

アルギニンサプリは精力増強に効果があります。シトルリンも配合されているものを飲んだ方が、血管内でNO(一酸化窒素)を作り出し、血流を改善しやすくなります。そのため、勃起不全の悩みも解消できるといわれています。アルギニンやシトルリンの精力増強...